大崎市古川の漢方専門店「漢方薬カワシマ」

大崎市北稲葉にある『 漢方薬カワシマ 』。市内では珍しい、漢方の専門店です。1981年、有限会社カワシマ薬局として開業してから、調剤や漢方薬、健康食品を取り扱っていました。2017年に 漢方のすばらしい力をより身近に感じてほしい という想いから、健康相談専門店「漢方薬カワシマ」として店舗をリニューアル。

漢方の力で悩みを改善してくれる、漢方薬カワシマの代表・川島康正さんに漢方の魅力についてお話を伺いました。

>> 漢方薬カワシマ公式ホームページ

大崎市の漢方専門店「漢方薬カワシマ」代表・川島さん

「漢方薬カワシマ」代表・川島康正さん

漢方薬カワシマ

リニューアルした店内は明るく、入店しやすい雰囲気で取材時も数名のお客さんがいました。

国際中医専門員A級(中国医学)や日本不妊カウンセリング学会認定の資格 を持つ川島さん。

一人ひとりの悩みをしっかりと聴き、そこからぴったりの漢方を提案してくれます。

大崎市の漢方専門店「漢方薬カワシマ」カウンセリング受付中

経験豊富なアドバイザーがしっかりとカウンセリングしてくれる

食品や薬に対する安全性についてはよくマスコミに取り上げられていますが、漢方薬カワシマでは、川島さんが本当に信頼できる商品しかおすすめしないそうです。

効き目がよくても副作用が強かったりすれば大変ですよね。長年の経験を積んでいる川島さんだからこそ、安心して相談できます。

 

漢方について

まずは漢方について教えてください。

漢方薬は天然の生薬なので、同じ手法でもメーカーでも若干効能がちがったりします。野菜も産地によって味が異なるのと一緒ですね。

店内には漢方薬が 約300種類以上 ありますので、症状や希望にあわせて提案 させていただいてます。

味も、苦いものもあれば、甘くて飲みやすいものも。基本的には、「炎症をとる」効能のものは苦め、貧血など「体の足りない要素を補うもの」は甘めな味になりますね。

大崎市の漢方専門店「漢方薬カワシマ」取り扱い商品

さまざまな漢方が取り揃えられている

漢方のパッケージには効能がそれぞれ書いてありますが、それはほんの一部なんです。

書いてある以外の効能もたくさんあります

たとえばコレ(上記写真)なんかは、効能部分に「排尿」系のことが書いてありますが、実際は「皮膚」系の症状によく使います。

一般の方はそこまで詳しい効能は分かりませんし、自分に合うものを選ぶのは難しいと思います。専門的な知識で選んでもらえるのは助かります!

 

奥が深い漢方の世界

大崎市の漢方専門店「漢方薬カワシマ」店内

漢方は草木だけではない

漢方のイメージって「草木でつくられた薬」という感じですが、それ以外の漢方もあるのでしょうか。

じつは「真珠」や「琥珀」などの鉱物、「化石」、「動物のツノ」「ムシ」など様々なものから漢方がつくられます。

鉱物や化石・骨などを砕いて効能がある成分を漢方として利用したりなど、漢方の世界は奥が深いんです!

飲み薬の印象が強いかもしれませんが、漢方には塗り薬もありますよ。

 

漢方は身体のバランスを整えてくれる

大崎市の漢方専門店「漢方薬カワシマ」店内

悩みや希望にあった漢方をセレクトしてくれる

漢方薬カワシマさんは、普段どのようなお客さんが多いのでしょうか。

不妊にお悩みの方や自分では明らかに体調が悪いが、検査をしても何も見つからない…といったお客さんも多いです。

漢方は身体のバランスを整えて回復させていく ものなので、そういったお客さんにも上手く対応できたりします。

長年の経験・知識からお悩み解決のお手伝いができれば嬉しいです。

※川島さんは日本不妊カウンセリング学会認定の不妊カウンセラーの資格を持っています

 

日本中医薬研究会について

お店や看板・ホームページに掲載されている「パンダ」のキャラクターってなんですか?お店のマスコットキャラクターみたいでとても素敵ですね。

日本中医薬研究会」という中国漢方を正しく理解・研修する研究会があるんですが、そのマスコットキャラクターです。とても可愛かったのでお借りしています(笑)

大崎市の漢方専門店「漢方薬カワシマ」入り口

キャラクターデザインはあの有名な漫画家「手塚治虫」さんの虫プロ

じつは漢方って日本独自のものなんですよ。世界的にスタンダードなのは「中医薬(中国伝統医学)」になります。

中医薬は昔からあるもので、長年の中で本当に効果があるものだけが現在まで残っている形なんです。

ただ、偽装など怖い部分もあったり・・・。

研究会では、中医薬を日本での製薬を基準として、きちちんと安全を担保して使用できるような活動をしています。

日本中医薬研究会の取扱商品にはほとんど「パンダマーク」が入っていて「安心・安全」の目印 として活躍しています。

お悩みの方はお気軽にご相談ください!

 

漢方薬カワシマ 川島さんの魅力

大崎市の漢方専門店「漢方薬カワシマ」不妊や皮膚病にも

パンダの看板が目印「漢方薬カワシマ」

今回は代表の川島さんにお話を伺いました。

お客さんのことを第一に考え、本当に信頼できる漢方の中から、悩みに合ったものを提案してくれます。

漢方というと昔ながらの渋いイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、漢方薬カワシマは明るい店内にで、笑顔が素敵な川島さんが親身になって対応してくれます。

川島さんの「漢方のチカラをより身近に感じ、問題を解決したい」という想いが強いからこそ、多くの方が足を運んでいるのだと感じました。

なにか悩みごとがあれば、ぜひ漢方薬カワシマを訪れてみてくださいね。

店舗名 漢方薬カワシマ
ホームページ https://kanpo-kawashima.com/
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜・祝祭日
住所 〒989-6145
宮城県大崎市古川北稲葉2-10-50

電話番号 0229-23-1262
代表者 川島 康正

<<大崎人物列伝一覧へもどる