大崎歴史街道

大崎歴史街道

大崎の歴史を紹介するコーナーです。大崎の歴史は古く、7世紀末期には大崎周辺が朝廷の支配下にあったとされ、伏見廃寺跡などから多くの文化や宗教なども持ち込まれていたと思われます。
大崎市周辺の中世は、奥州探題であった大崎氏が支配し、名生館官衙跡地に名生城を築き戦国末期まで支配が続きます。近世に入ると伊達領となり、交通の要所から古川城に重臣の鈴木氏を配します。
歴史ロマン満載の大崎!その魅力を紹介していきます。